Loading...

歯の豆知識 Tips

歯の豆知識一覧

虫歯で頭痛がすることはある?頭が痛い原因や対処法と肩こりや吐き気の関係

「虫歯で頭が痛くなることはあるの?」などと、虫歯と頭痛の関係性について気になっていませんか? 結論から言えば、虫歯によって頭痛が起こる可能性はあります。いくつかの原因が考えられますが、虫歯ではない片側の歯ばかりで食事することが主な原因です。 こちらの記事では虫歯と頭痛の関係性から、頭痛を引き起こす主な原因、虫歯による頭痛の治療法について解説しています …

詳しくはこちら

虫歯初期の症状は痛みがない?初期虫歯を修復する3つの治療法

「虫歯初期の見た目や症状はどんなもの?」 「初期の虫歯は治療する必要がある?」 このように、初期段階の虫歯について気になっていませんか? 初期の虫歯はほとんど痛みがないため見逃しやすいです。しかし、歯の表面が白くくすんだり、小さな穴が空くことがあります。 初期の虫歯は修復することができますが、放置して虫歯が進行すれば歯を削るなどの治療が必 …

詳しくはこちら

虫歯を放置すると病気になる?考えられる5つのリスク

「虫歯を放置するとどうなる?」などと気になっていませんか? 結論から言えば、虫歯を放置すると歯や神経を失う可能性があります。 現在、虫歯を放置されている方でも、歯や神経を残せる可能性はあるので、手遅れになる前にできる限り早く治療を受けることが大切です。 こちらの記事では、虫歯を放置する人の共通点や放置することによるリスクについて詳しくお伝えして …

詳しくはこちら

歯石除去のメリット・デメリットとは?歯石取りの治療後に歯が痛い時の対処法

現在歯石除去のメリット・デメリットについて気になっていませんか? 丁寧に歯を磨いても歯石が溜まることがほとんど。 歯石を放置すれば虫歯や歯周病といったお口のトラブルにつながるため、定期的に歯科医院を受診して歯石除去を行うことが大切です。 この記事では、歯石を放置するリスクから歯石除去のメリット・デメリット、費用や受診頻度についてお伝えしていきま …

詳しくはこちら

虫歯の無痛治療の方法は主に5つ!保険適用で料金は安くなる?

「虫歯って無痛治療で治すことはできる?」 「どんな方法で無痛治療を行っているのか知りたい」 このように、虫歯治療の痛みについて不安を抱えていませんか? 医療の技術は日々進化しているため、ほとんど痛みを感じずに虫歯治療を受けることが可能です。各歯科医院ではさまざまな無痛治療に取り組んでいます。 こちらの記事では、虫歯の無痛治療の詳細や無痛治療の …

詳しくはこちら

妊婦は虫歯治療を受けられる?麻酔や薬など妊娠中の歯科治療で注意すべきこと

現在妊娠中の方で、「虫歯治療をすれば赤ちゃんに影響がないか心配」と不安を抱えている方は多いかと思います。 ただでさえ妊娠中はホルモンバランスの影響などで、虫歯や妊娠性歯肉炎になりやすいもの。出産で改善は見られる傾向にありますが、しっかり管理をしないとそのまま歯周病になるリスクも高いです。 妊婦が虫歯治療を行うのは可能ですが、胎児に悪影響を与えないため …

詳しくはこちら

二次カリエス(二次虫歯)

スタッフブログにも多く出てくる二次カリエス(二次虫歯)について解説します。 二次カリエスとは、一度虫歯の治療を行った歯に再び起こる虫歯の事を言います。 この二次カリエスは、金属の詰め物が腐食して生じた隙間の部分や水を吸う樹脂の詰め物の部分等に生じやすくなります。 その為腐食する金属や水も吸う樹脂の詰め物ではなく腐食もせず水も吸わないセラミックや …

詳しくはこちら

虫歯の進行度に応じた治療の流れ

「虫歯があるけど痛みはないし歯医者に行くのが面倒」とお考えの患者さまは多くいらっしゃるかと思います。 実は初期段階の虫歯治療は歯をほとんど削らないので、治療の痛みはあまりありません。しかし、治療を避けて虫歯を放置しておくと虫歯の進行は進み、虫歯治療にも痛みが伴うようになります。 虫歯治療は早く行うのが理想です。 虫歯が進行する流れと、進行度別に …

詳しくはこちら

虫歯の根管治療の流れ

虫歯が進行して症状がひどくなると「根管治療」と呼ばれる、歯の神経を取り除く治療が必要になります。 歯を削る治療とは違って神経を取り除く治療なので、治療内容や治療後の痛みについて気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 根管治療の流れと治療に際する痛み、そして費用についてお伝えしていきます。 根管治療とは? 根管治療とは「歯髄(しずい) …

詳しくはこちら

歯医者さんのレントゲン

これまでお口のケア方法に関してお伝えしてまいりましたが、 今回は歯医者さんで撮影するレントゲンについてお伝えしたいと思います。 歯医者さんではむし歯や歯周病の診断のためレントゲンの撮影を行いますが、 歯医者さんで扱うレントゲンの放射線の量というのは極めて低く、 一年間の自然放射線量と比較すると、むし歯などの診断ためにお口を部分的に撮影するレントゲンで …

詳しくはこちら

1 / 2 ページ2