Loading...

予防歯科Preventive Care

予防歯科とは

歯科医院は「歯が痛くなってから行くところ」から、「歯が痛くなる前に行くところ」へ変わりつつあります。その理由は予防歯科の有用性が注目されてきたからです。

予防歯科とは、虫歯や歯周病を未然に防ぐために行われる検査・予防処置・管理のことです。ここでいう検査とは、症状が生じる前に虫歯や歯周病を早期発見したり、日頃のブラッシングに磨き残しがないかどうか確認するものです。また、予防処置にはブラッシングでは取り除けない汚れを除去するPMTC、歯を強くするフッ素の塗布などが挙げられます。さらに管理には、患者様ご自身の日々の正しいブラッシングがあります。

食べない時間に歯は修復


食後のブラッシングの重要性

予防歯科のなかで最も大切なのは、患者様ご自身の日々の正しいブラッシングです。ここではなぜブラッシングが重要なのかについてご説明します。

お口の中にはさまざまな細菌が住んでいます。細菌は食べ物のカスなどと合体し、プラーク(歯垢)となって、歯の表面に付着します。プラークの中に含まれるミュータンス菌という細菌には糖分を利用して酸を作る働きがあり、この酸が歯を溶かすために生じてしまうのが虫歯という病気です。

食事をして口の中に糖を取り込む限り、少なからず歯は溶けていってしまいます。しかし、食後にブラッシングをきちんと行なっていれば、唾液の持つ歯の再石灰化という自然治癒のはたらきで、食事をしていない間に一度酸で溶けてしまった歯が修復され、虫歯になることを防げます。そのため、食後はできるだけ早く歯を磨き、お口の中を清潔に保つことが虫歯の予防につながるのです。

PMTCProfessional Mechanical Tooth Cleaning

日頃正しいブラッシングを行なっていても、歯ブラシでは取り除くことのできない汚れもあります。そこで歯科医院では数か月に1度の定期検診の際に、PMTCと呼ばれるプロフェッショナル・クリーニング(以下、PMTC)を実施します。

PMTCとは、歯科医師や歯科衛生士が日頃のブラッシングでは落としきれない汚れやプラークの原因となるバイオフィルムを専門的な機器や技術で除去する処置のことです。この処置は、虫歯や歯周病を予防するほか、口臭予防などにも効果があることがわかっています。

唾液検査(リスク検査)Saliva test

当院では、予防歯科治療の一環として唾液による虫歯や歯周病のリスク検査を行なっています。この検査では、唾液の量や質、唾液内の細菌の種類などによって、虫歯のなりやすさ、歯周病の有無、進行度などがわかります。
この検査結果を元に、歯科医師や歯科衛生士が患者様1人1人にあった予防プログラムを作成していきます。