Loading...

インプラントImplant

インプラント治療とは?

インプラント治療とは歯を失った顎に人工歯根を埋め込み、先端に人工歯を取り付ける方法のことをいいます。手術によって人工歯根を埋め込むと、数か月ほどで周囲の骨と馴染むため、天然歯に近い噛み心地で食事をとることができます。

また、顎の骨に直接人工歯根を埋め込むため、周囲の歯に負担をかける心配もありません。針金などで支える必要がないため、審美性にも優れています。1本から適応が可能です。


治療を開始する前に
歯を失った原因を解決する

歯を失う原因には、虫歯・歯周病のほか、咬み合わせや歯並びなどの要因も関わっていることがあります。たとえば、虫歯が原因で歯を失ったと思っていても、もともと咬み合わせが悪く、日常的に歯に負担がかかっていたケースもあります。つまり、複合的な原因を追求せずにインプラントなどの義歯治療を行なっても、原因が解決されず、再びトラブルが生じるおそれがあるのです。

そこで当院では義歯治療を行う前に、歯を失った原因を追求し、対策を考えます。そのうえでインプラント治療などの歯を補うための治療を行えば、義歯や周囲の歯を末長く保つことができます。

治療方法の違い

義歯治療にはインプラントの他にも入れ歯・ブリッジなどがあります。入れ歯とは、取り外し可能なはめ込むタイプの義歯のことで、ブリッジとは失った歯を両隣の健康な歯に橋渡しをするように装着して歯を補う義歯のことをいいます。以下では、それぞれのメリット・デメリットを比較しています。

※横にスワイプすると
比較表がご覧頂けます

メリット デメリット
インプラント ・天然歯のような審美性・噛み心地
・周囲の歯に負担をかけない
・食事や会話に支障がない
・手術が必要
・保険適用外のため高額
・持病によっては受けられない
・メンテナンスをしないと
インプラント周囲炎を引き起こす危険性がある
入れ歯 ・保険適用のため安価
・手術が不要
・合わないと痛みが生じる
・周囲の歯に負担がかかることがある
・食事や会話の際に違和感を感じやすい
・取り外してのケアが必要
ブリッジ ・保険適用外の素材を使えば審美性が高い
・手術が不要
・健康な歯を削らなければならない
・周辺が虫歯になりやすい

湘南ライフ歯科の
インプラント治療

湘南ライフ歯科では、歯を失った患者様によりよい選択肢をご提案できるように、
専門的な知識を持つ歯科医師が充実した設備を用いたインプラント治療を行なっています。

日本口腔外科学会認定医が
治療を行う

インプラント治療では多くの症例数を持ち知識と経験が豊富な歯科医師が、患者様の声に耳を傾け治療計画を立て、治療を行うことが大切です。湘南ライフ歯科では、日本口腔外科学会認定医であり、日本口腔インプラント学会にも所属する院長を中心に、知識・経験豊富な歯科医師がインプラント治療を行います。


CT・マイクロスコープによる
精密な診査・診断

歯科用CT

歯科用CTは、お口周辺を水平・垂直・斜めの3次元から撮影し、立体的に診断することが可能な検査装置です。神経の位置や骨の厚みなども知ることができ、さまざまな治療に役立てられています。

インプラント治療では、顎の骨を立体的にみることで、治療前にインプラント体を埋め込む位置・向きなどをより正確に判断することができます。

マイクロスコープ

マイクロスコープとは歯科用顕微鏡のことで、肉眼の20倍以上に拡大して物を見ることができます。

インプラント治療では、外科手術時などに使用されます。外科手術時にマイクロスコープを使用すると、患部をより細かく見ることができるため、治療後の仕上がりが綺麗になり術後の経過がよくなります。また、人工歯を作成するときにマイクロスコープを使用することで、インプラント体と人工歯の適合性をあげることが可能です。

ガイデッドサージェリーを
用いた綿密なシミュレーション

ガイデットサージェリーとは、インプラント治療専用のコンピュータシミュレーションシステムのことです。歯科用CTで撮影した立体画像を元に、3Dで治療のシミュレーションを行うことができます。

このシステムを使用することによって、歯科医師は手術前に患者様のお口の状態に合わせた手術を詳しくイメージすることができるため、より安全・正確な手術を提供することができるのです。

取り扱いインプラントメーカー
について

インプラントと一言にいっても、製造しているメーカーによって特徴が異なります。当院では、以下のような種類のメーカーのインプラントを取り揃えており、患者様それぞれのご希望に添ったものを使用しています。

※横にスワイプすると
取り扱い一覧がご覧頂けます

アストラテック ストローマン ケンテック
アストラテックの製品は独自の構造を持つインプラントで、骨と結合しやすい構造をしています。 ストローマンは世界ナンバー1のシェアを持つインプラントシステムで、骨との結合が早いことが特徴です。 ケンテック社のアルファタイトというインプラントは、安定性が高く、破損しにくいことで知られています。

骨の量が足りない場合は
骨増殖を検討

インプラント治療を行うためには、インプラント体となる人工歯根を埋め込めるだけの顎の骨が必要です。しかし、歯周病が原因で歯を失ってしまった方や歯が抜けてからしばらく期間が経った方の中には、顎の骨が吸収し、減ってしまっている状態が見られることもあります。

そこで当院では、より多くの患者様がインプラント治療を選択できるよう、インプラントを支える骨を増やす治療(骨増殖)も行なっています。

GBR(骨誘導再生)Bone induction regeneration

GBRとは、骨の少ない部分に人工骨や移植用の骨を注入し、その上からメンブレンという人工膜を覆い被せることで骨の再生を促す治療です。GBRをインプラントのために行う場合、インプラントの手術を行う前に治療をスタートする場合と、同時にインプラント体を埋め込む場合があります。

サイナスリフトSinus lift

サイナスリフトとは上顎の歯肉をめくり、粘膜を持ち上げて人工骨を入れ、骨の再生を行う治療です。
インプラント治療を行う前に手術を行う必要があり、骨ができるまでに半年ほど時間がかかります。

ソケットリフトSocket lift

ソケットリフトとは、専用の器具で上顎を押し上げ、人工骨と一緒にインプラントの土台を埋め込む治療です。
人工骨は4~5か月かけて徐々に自分の骨になって行きます。

手術時はリラックス状態を
作る静脈内鎮静法を導入

インプラント治療の手術は局所麻酔下で行われます。局所麻酔が効いている間は痛みを生じることはありませんが、意識はしっかりとした状態なので、手術時に不安感、緊張感を覚える患者様もいます。

患者様の不安や緊張を取り除くため、当院では腕の点滴から鎮静剤を注入する静脈内鎮静法を導入して手術に当たっています。静脈内鎮静法を使用すると、全身麻酔のように完全に意識を失うことはありませんが、数分で薬の効果が現れ、不安や緊張がなくぼんやりとした状態になったり、患者様によってはうとうとして眠りにつく方もいます。

鎮静剤の効果は術後1時間程度で切れますが、ふらつきやぼんやりとした意識が数時間残ることもあるため、当日の車・バイクなどの運転は控えるようにしましょう。

技工士が立ち会うため
難症例にも対応可

インプラント体にかぶせる人工歯は歯科技工士が作成します。通常、歯科技工士は診療の現場に立ち会わず、指示書に従って人工歯を作ることが多いのですが、当院では診療に歯科技工士が立ち会い、その場でコミュニケーションをとることで、患者様にあった人工歯の作成を行います。

メンテナンスの重要性

せっかく入れたインプラント体を長く安全に使用し続けるためには、治療後のメンテナンスが欠かせません。日々のブラッシングや定期検診を怠ると、インプラントの周辺に汚れが溜まってインプラント周囲炎を引き起こす可能性もあります。当院では、インプラント治療後のブラッシング指導や定期検診などのアフターケアも行なっています。

治療の流れ

  1. 精密検査と
    治療計画のご相談

    インプラント治療をご希望の場合は、歯や骨の状態を詳しく知るために、まずは精密検査を行います。
    失われた歯の本数・位置を確認するほか、レントゲンや歯科用CTを用いてインプラントを支える骨が十分あるのかどうかを確認します。精密検査の結果を見ながら費用・期間などのご希望を含め、患者様とご一緒に治療計画を考えます。

  2. インプラント治療に
    向けた処置・治療

    精密検査時に、虫歯・歯周病が発見された場合、インプラント手術を受ける前に治療を行います。また精密検査で骨の量が不足しており、骨増殖の治療が必要と判断された場合、このタイミングで骨増殖の治療を行うケースもあります。

  3. 一次手術

    インプラント手術は大きく2回行われます。1回目はインプラント体となる歯根部分を埋め込む手術です。局所麻酔下で行われるこの手術は、歯肉を切開し、骨を削った後、ガイデッドサージェリーでシミュレーションした正確な位置にインプラントを埋め込みます。

  4. 治癒期間

    一次手術が完了したら、インプラント体が周囲の骨と結合するのを待ちます。
    これにはおよそ3〜6か月ほど期間がかかり、その間は仮歯で過ごしていただき
    ます。

  5. 二次手術

    インプラントが骨としっかり定着したところで、2回目の手術を行います。
    2回目の手術では、インプラント体に人工歯を連結するためのつなぎとなるアバットメントを装着します。歯肉を切開するため、一次手術と同じく局所麻酔下で行われます。切開した傷が治るまでにおよそ1〜6週間ほどかかります。

  6. 人工歯の作成

    手術の傷が治り、インプラントが安定したところで人工歯を作成し、装着します。人工歯の作成は歯科技工士が行い、より天然歯に近い色や見た目を再現します。また、素材は患者様の希望に合わせて選択していただけます。

  7. 治療完了・メンテナンス

    人工歯を取り付けたら、インプラント治療は完了です。
    しかし、インプラントを長く安全に使用していただくためには、定期的なメンテナンスが大切です。治療が完了しても、しばらくは短いスパンで通院していただき、その後も数か月に1度のペースで定期検診を受診されることをお勧めします。