Loading...

詰め物・被せ物INLAY & CROWN

詰め物・被せ物とは

詰め物・被せ物とは、虫歯の治療で歯を削った部分を埋めたり被せたりして補完する素材のことをいいます。また、専門用語では削った範囲が小さい時に使用する詰め物をインレー、広範囲を削った際に使用する被せ物をクラウンと呼びます。

一般的な詰め物・被せ物は保険適用であり、比較的安価に治療を受けることが可能です。しかし、保険適用で使用できる素材は限られており、部位によっては銀歯になることもあり、審美性が損なわれる恐れがあります。

メタルフリーの詰め物・
被せ物もご用意

金属アレルギーの方も安心Allergy is safe

保険適用の詰め物・被せ物にはアマルガム、金銀パラジウム合金、ニッケルクロム合金など歯科用金属が使用されています。金属は頑丈で丈夫な素材ですが、長期間お口の中に入っていると、溶出・イオン化を引き起こし、金属アレルギーを引き起こすおそれがあります。そこで近年は、メタルフリーといって歯科用金属を一切使用せず、セラミックやジルコニア、グラスファイバー等を使用した詰め物・被せ物の治療も普及しつつあります。

メタルフリーの素材を使用すると、保険適用外のため費用はややかかりますが、金属アレルギーを引き起こす心配が無いうえ、見た目も天然歯に近く、治療跡が目立ちにくいというメリットがあります。当院でも患者様のご要望に合わせて、メタルフリーの素材を使用した詰め物・被せ物治療を行なっています。

クラウン(被せ物)の種類

歯は、前歯・奥歯でそれぞれ役割が異なります。
保険適用外のクラウン(被せ物)にはさまざまな素材のものがあり、歯の役割と患者様の希望に応じて選択します。

  • 内側を金属、外側をセラミックで作ったクラウン。金属の丈夫さとセラミックの美しさが特徴。金属アレルギーがある方には、適応ができません。

  • 内側を強度の高いジルコニア、外側をセラミックで作ったクラウン。
    審美性、強度ともに最も高い仕上がり。

  • セラミック製で透明感があり、歯よりも硬い。

  • 天然歯に近い色味を再現できる。

  • 歯の表面だけに貼りけるタイプのクラウン。セラミック製。

  • グラスファイバーを素材としたクラウンの土台(コア)

ホワイトニング

ご自身の歯をより白くしたいという方のために、専用の薬剤を使用したホワイトニングを実施しています。歯科医院におけるホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあり、患者様のライフスタイルにあった手段を選択します。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、ホワイトニングの工程をすべて歯科医院で行う手法です。歯に専用の薬剤を塗布し、光を当てて歯を白くします。
歯科医師・歯科衛生士など専門家が施術を行うため患者様の負担があまりありません。また1度の施術で効果が実感しやすいという特徴があります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、患者様が自宅で行うホワイトニングのことです。歯科医院では専用のマウスピースの作成と薬剤の説明、定期的なメンテナンスのみを行い、あとはご自宅で好きな時間に施術できるため、お忙しい方にお勧めしたいホワイトニングです。
また、複数回に分けて徐々に歯を白くしていくため、白い歯が長続きしやすいというメリットがあります。