Loading...

ガイデッド
サージェリーGuidedsurgery

インプラント治療の
リスクを減らす
ガイデッドサージェリー

ガイデッドサージェリーとは、撮影したCT画像を元にコンピュータ上でインプラントの埋入位置などを設計し、それに合わせたサージカルガイドという装置を用いてインプラント手術を行う治療法です。サージカルガイドとは、患者様のお口に合わせてオーダーメイドで作製したマウスピースのような装置です。この方法により、インプラントを治療計画通りに埋入することができ、インプラント治療の成功率が向上しました。


インプラント治療の
リスクとは?

インプラント治療は顎の骨の中に直接インプラント体を埋め込む外科的な手術が必要となるため、リスクが高いと思っている方も多いと思います。確かに、顎骨の中には太い血管や神経が入った下顎管という管が通っているため、歯科用CTやレントゲンの精度が低かった時代においては、それらの位置を特定することが難しく、損傷する危険性が大いにありました。
また、ガイデッドサージェリーやデジタルレントゲンの技術が発達する以前は、歯科医師がおおよその目算で顎の骨にインプラントを埋入する穴の深さを決めていたため、想定よりも骨を削りすぎてしまったり、穴が浅すぎるなどの問題が起きやすく、インプラント治療が失敗、もしくは合併症が発生するなどの症例が生じてしまっていたのです。
このように、古い設備ややり方でインプラント治療を行うと、リスクを排除しきれず重大な傷害が起きる可能性が高くなります。

ガイデッドサージェリーと従来のインプラント手術の比較

ガイデッド
サージェ
リー
従来の
インプラント手術
安全性の
確保
治癒時間の短縮
組織損傷の軽減
噛み合わせを考えた
治療計画
手術時間の短縮

安全を期するため、
ガイデッドサージェリーを
採用しています

組織損傷のリスクを減少

ガイデッドサージェリーは、従来のインプラント治療で問題になっていたリスクを軽減できます。ガイデッドサージェリーでは歯科用CTが必須ですが、当院では、高精度の歯科用CTを採用することで、更に精密なレントゲン像を得ることができます。これにより、神経や血管の位置や方向を特定することができ、どの位置にインプラントを埋入すれば血管や神経を損傷せず安全に手術できるのかを知ることができます。
コンピュータ上でインプラントの埋入位置やインプラント体の太さ、長さ等を決めたら、今度はその位置に確実にインプラントが埋入できるよう、サージカルガイドというオーダーメイドの装置を作製します。このマウスピース様の装置には、埋入するインプラント体に合わせた穴があいており、インプラントを埋入する位置に合わせて器具を使用すると、適切な穴を骨に開けられるように計算されています。不適切な器具の使用や想定以上の深さまで器具を挿入することができないよう設計されているため、骨の中の血管や神経を損傷する危険性が少なくなります。
さらに、コンピュータ上で設計を行うことで、さまざまな基準をコンピュータが自動的に補正してくれるため、診断基準の取りこぼしがなくなります。もし、インプラント埋入可能位置の外にインプラントを設計しようとすると、コンピュータが自動的に判定して警告してくれるため、設計ミスが少なくなります。これによりリスクの少ない位置にインプラントを埋入することができるのです。

噛み合わせを考えた
インプラント治療

ガイデッドサージェリーのシステムでは、CT画像をコンピュータに取り込み、コンピュータ上でインプラントの埋入位置や上部構造(被せ物)の位置をシミュレーションすることができます。
被せ物の噛み合わせからインプラントの埋入位置を決める方法を「補綴主導型インプラント」と言い、インプラントがより長持ちすると言われています。治療計画通りにインプラントを埋入することで、噛み合わせに良い位置に被せ物を装着することができるため、治療後も不具合が少なくなります。

手術時間の短縮が見込まれる

コンピュータ上でインプラント治療の設計を行う事にもメリットがあります。インプラントは自分の天然歯から3.5㎜以上離す必要があるなど、さまざまな制限があります。いくつもの制限を常に考えながらインプラント埋入手術を行うのはとても大変です。
しかし、ガイデッドサージェリーでは、コンピュータ上であらかじめインプラントの埋入位置が設定できるので、手術中は手術だけに集中することができます。そのため、インプラントの埋入手術自体も、ガイデッドサージェリーを用いることで、時間を短縮することができるのです。
また、治療計画を患者様に説明する際にも視覚的に理解できるため、非常に分かりやすいと好評です。

このように、ガイデッドサージェリーは、インプラント治療を行う上で、非常にメリットが多く、リスクを少なく抑えることができる画期的な方法なのです。

ガイデッドサージェリーに
おけるインプラント手術の流れ

サージカルガイドを用いたガイデッドサージェリーの流れをご説明します。詳細な治療計画はお口の中の状況を診察し、患者様ごとにご提案させていただきますので、担当医とご相談ください。

  1. 高精度のCT撮影

    歯科用CTで顎の骨の3次元画像を撮影します。骨の厚みや歯が無い部分の幅、骨の性状などを知ることができます。骨の厚みなどが足りない場合は、骨造成の手術をご提案することがあります。

  2. 専用ソフトによる
    シミュレーション

    専用ソフトにCT画像を取り込み、コンピュータ上でシミュレーションを行います。噛み合わせを考えた被せ物の位置から逆算して、インプラント体の向きや太さ、位置を精密に決めていきます。

  3. サージカルガイドの作製

    シミュレーションを元に、お一人お一人専用のサージカルガイドを作製します。治療計画通りの位置にインプラントを埋入できるよう、計算されて作られています。

  4. ガイドに沿った
    ドリリング

    局所麻酔を行い、歯茎を切開した後、サージカルガイドをお口の中に入れ、決められた器具を用いて顎の骨に穴を開けていきます。これをドリリングと言います。設定された器具が決められた深さに到達すると、それ以上は器具が入らないようになっているため、安全に手術を進めることができます。

  5. インプラント埋入

    サージカルガイドに沿ってインプラントを埋入します。これも決められた位置よりも深くに埋入することはできないように、サージカルガイドでコントロールし、人為的なミスを防ぎます。

  6. 手術終了

    歯茎を縫合し、手術は終了です。サージカルガイドによる誘導があり、骨を余計に削ったりといったことがないため、痛みも少なく済むことが多いです。この状態でインプラントが骨にくっつくのを待ちます。

ノーベルバイオケアの
ノーベルガイド

ノーベルバイオケアとは

歯を失った部分に新たに歯を作る試みは紀元2世紀頃から行われていましたが、現在のようなチタンのインプラントが登場したのは、1952年にスウェーデンでブローネマルク博士が骨とチタンが結合する「オッセオインテグレーション」という現象を発見したのがきっかけと言われています。オッセオインテグレーションを発見したブローネマルク博士は、これを歯科に応用できないかと考え、大規模研究の末にスウェーデンの企業とともに「ノーベルファルマ」を設立します。これがノーベルバイオケア社の前身となるのです。その後1965年に世界で初めてチタン製のインプラントが埋入されました。
ノーベルバイオケア社は、現代デンタルインプラントの父と呼ばれるブローネマルク博士とともにインプラントの発展と生活の質の向上に寄与してきた企業です。

ノーベルバイオケアの
インプラント

プブローネマルク博士の偉業によって、デンタルインプラントが広く知られるようになり、今ではインプラントを扱う企業は100以上あると言われていますが、ノーベルバイオケアは、インプラント治療のパイオニアとして、世界でも大きなシェアを誇っています。
先進的な研究を行うノーベルバイオケアが提供するガイデッドサージェリーシステムが、当院で採用しているノーベルガイドです。

ガイデッドサージェリーのQ&A

インプラントって
危ないの?

しっかりと検査を行い、適切な処置を施せば、とても良い治療の選択肢の1つです。特にガイデッドサージェリーを用いれば、安全性に配慮しながら治療することができます。

ガイデッドサージェリー
はどこでもできる?

歯科用CTと専用のソフトがなければ、ガイデッドサージェリーによる治療は行うことができません。ガイデッドサージェリーによる治療をご希望の場合は、ご相談ください。

インプラント治療は
痛い?

もちろん、手術中は局所麻酔をするので、痛みはあまり感じません。また、ガイデッドサージェリーによるインプラント手術は、侵襲(身体に対する影響)を最小限にすることを目的としています。術後の痛みも少なく済むことが多い治療法です。当院では、リラックス状態で治療を受けたいという患者様には、静脈内鎮静法という方法も提供することもできます。