Loading...

入れ歯Dentures

患者様のお口にあった
快適な入れ歯作り

入れ歯とは

入れ歯とは、失った歯を補完するために装着する、床の部分と人工歯からなる義歯のことをいいます。
保険適用であれば比較的安価に作成することができ、多くの歯科医院で取り扱っているため、入れ歯を使用している患者様も多くいらっしゃいます。しかし、インプラントやブリッジなど他の治療方法と比較すると、違和感が大きく、合わないものを使っていると痛みが生じるなど、デメリットも見受けられます。

技工所と連携、
精度の高い型取り

湘南ライフ歯科では入れ歯をご所望の患者様に、少しでも痛みや違和感の少ない入れ歯をご提供したいと考えています。
そのため、高い技術を持つ歯科技工所と連携を取り、精度の高い型取りを行なって、患者様のお口の中を正確に把握し、入れ歯作りに役立てています。

インプラント
オーバーデンチャー

入れ歯を使用すると、天然歯と比較してどうしても噛む力が弱くなってしまいます。そこで、入れ歯であっても天然歯に近い噛み心地を再現するため、インプラントで総入れ歯を固定するインプラントオーバーデンチャーという治療方法もご用意しております。

インプラントオーバーデンチャーは歯肉に2〜4本のインプラント土台を埋め込み、総入れ歯を固定します。インプラント治療で1本1本歯を埋め込んでいくよりも、リーズナブルに治療を受けることができ、取り外しも可能なため、衛生管理がしやすいという特徴があります。

入れ歯の種類

入れ歯は保険適用で作成することが可能です。しかし、保険適用外の素材を使用して作成することで、より天然歯に近い審美性を持たせたり、口の中の異物感を軽減させたりすることができます。以下では、当院で扱う保険適用外の入れ歯についてご紹介します。


金属床

総入れ歯は顎部分を大きく覆うような形状をしています。保険適用の上顎の入れ歯の場合、口蓋に触れる部分を分厚い樹脂で覆うため、違和感が強く、食べ物を口に入れた時の温度を感じにくいという弊害があります。

そこで、保険適用外では、金属床といって口蓋に触れる部分を金属で作成した入れ歯を作ることが可能です。金属床は樹脂の入れ歯よりも薄く作ることができるため違和感が少なく、食べ物の温度も感じやすくなります。

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯では、固定のために金属のバネを使用します。入れ歯が合わないと、このバネが痛みの原因になったり、健康な歯を刺激して悪影響を及ぼすことがあります。また、バネが歯から見えてしまうと審美性を損なう原因にもなります。

ノンクラスプデンチャーは金属のバネの代わりに樹脂で入れ歯を支えるため、痛みや健康な歯への影響が出にくい入れ歯です。また、義歯床は歯肉と同じ色をしているため目立ちにくく、審美性を損ないません。