Loading...

虫歯治療Caries

虫歯の成り立ち

虫歯とは、酸によって歯が溶かされてしまう病気のことをいいます。初期症状では痛みがなく、見た目の変化も僅かなため気づきにくいのですが、進行すると冷たいものや温かいものを食べた時に歯がしみるようになります。
最終的には歯が溶けて無くなってしまいます。

虫歯の原因となる
「ミュータンス菌」

虫歯の主な原因は、口の中の細菌の1つであるミュータンス菌のはたらきです。ミュータンス菌は糖分に反応して酸を作るはたらきがあり、それが歯を溶かしてしまうのです。このような理由から、飴やチョコレートなどの糖分を多く含んだお菓子を長時間食べたり、その後で歯を磨かずにいたりすると虫歯になりやすくなります。

湘南ライフ歯科の
虫歯治療

健康な歯を虫歯から守るためには、甘いものの摂取量を控え、日頃から正しいブラッシングを行い、歯を清潔に保つことが必要です。そして、すでに虫歯にかかってしまった歯がある場合には、適切な治療を行い、虫歯が再発しないように予防する必要があります。

痛みの少ない治療

虫歯治療前の麻酔注射が
苦手な方は多い
虫歯の治療では、虫歯菌に侵食された部分の歯を削る必要があります。歯には神経が通っており、削る際に痛みを感じてしまうため、虫歯治療には多くの場合、局所麻酔を使用します。

局所麻酔は歯肉に注射針を刺して行うため、「注射の痛みが怖い」「麻酔の液体が入ってくる感じが嫌だ」という患者様も多くいらっしゃいます。痛みの少ない治療を目指す当院では、麻酔の痛みを取り除くためさまざまな工夫を行なっています。

注射針を刺す前に塗る
表面麻酔
局所麻酔の注射が苦手な方には、注射を刺す前に歯肉にジェル状の表面麻酔を塗り、痛みの感覚を和らげてから注射針を刺しています。麻酔注射に恐怖を覚える方は、事前にスタッフにお申し付けください。

歯科用麻酔電動注射器の導入局所麻酔の注射の痛みを和らげるためには、針の太さを極力細くし、人肌に温めた麻酔液を一定のスピードでゆっくりと注入していくことが大切です。しかし、注入の際の細かい調節は、人の手で行うことはなかなか難しいといわれています。

そこで歯科用麻酔電動注射器を使用します。歯科用麻酔電動注射器とは、コンピュータで機械の圧力を制御し、麻酔液を一定の速度で注入できる注射器です。これにより、少ない痛みで局所麻酔を施すことができます。

  • マイクロスコープ


    マイクロスコープとは、肉眼の20倍以上に拡大して患部を見ることができる歯科用顕微鏡です。お口の中や歯の形状は複雑で細かく、肉眼では細かい部分を見落としてしまったり、精度の高い治療が難しいケースもあります。

    マイクロスコープを使用することで、より細かい部分がしっかり見えるようになり、削るべき部分を的確に極力小さい範囲で削ることができるようになったり、詰め物・被せ物の形状をよりフィットする形に作成できるようになったりするのです。

    マイクロスコープは北米では導入している歯科医院が多いのですが、日本ではまだそこまで普及していないというのが現状です。当院では、一足早くマイクロスコープを導入し、精度の高い歯科治療をご提供しています。

  • 歯の根の治療(根管治療)


    虫歯が進行し、神経まで到達してしまっている場合には、歯の根から繋がっている神経をファイルと呼ばれる医療機器で除去する根管治療が必要となります。根管治療は局所麻酔を行い、神経を少しずつ取り除き、その穴を埋めてしまう治療です。治療が完全に終わるまでに複数回の通院が必要です。

ラバーダム防湿法を
採用

当院の根管治療は、治療中に歯の根に細菌が侵入してしまうことを防ぐため、ラバーダム防湿法を採用しています。
これはゴム製のカバーで治療部分以外の歯を覆う方法で、細菌の侵入を防ぎ炎症を予防できるほか、薬品が粘膜に付着することを防げることや人工歯冠の接着が良くなるなどのメリットをもたらします。予後の良い治療のためには欠かせない方法です。

ニッケルチタンファイルを
使用した根管治療
根管治療では、ファイルと呼ばれる細い医療機器で神経を少しずつ取り除きます。従来のファイルはステンレスでできていましたが、近年はより弾力性があり、複雑な形をした歯の根の中を動かしやすいニッケルチタン製のファイルが注目されつつあります。ニッケルチタン製のファイルを使用すると、弾力性が強く、ステンレス製のファイルよりも早く根管治療を完了できると言われています。