Loading...

口腔外科Oral Surgery

口腔外科の治療内容

歯周病、親知らず、
顎関節症などを治療

口腔外科は通常の歯科治療では診療することのできない病気を含めた、お口の中のさまざまな病気を診察し、外科的処置などを行う診療科です。身近な病気では、親知らずの抜歯、顎関節症の治療などが挙げられます。また、腫瘍や嚢胞、外傷などに対して治療を行うこともあります。

親知らずの抜歯

口腔外科の代表的な治療内容の1つに親知らずの抜歯があります。親知らずとは、永久歯28本が生えそろった後、10代後半あたりで生える奥歯のことで、他の歯と同じように正常に生えてくるのであれば、抜歯の必要はありません。

しかし、顎が小さくうまく生えずに埋没してしまったり、横向きに生えてしまったりして、隣の歯を圧迫し、痛みや腫れを引き起こす可能性があります。また、正常に生えてきても、磨き残しなどで虫歯を引き起こすことがあります。このような場合には、抜歯を検討します。

親知らずの抜歯は、他の歯の抜歯と比べて難しいことが多くあります。埋没していれば、歯肉を切開する必要がありますし、歯の根が複雑で抜きにくいこともあります。口腔外科では、親知らずを抜歯する必要があるか精密検査し、抜歯の必要があれば手術を行います。

顎関節症Temporomandibular disorders

顎関節症とは顎の関節にまつわるさまざまな症状を総称したものです。
具体的には以下のような症状が挙げられます。

  • 顎を動かすとカクカクと音がなる
  • 口が一定のところまでしか
    開かない
  • 口を開けるときに
    顎が引っかかる
  • 顎に痛みがある など

顎関節症は咬み合わせやストレス、口の中の癖などさまざまな原因で起こります。
放っておくと頭痛や肩こり、身体のバランスが乱れる原因となる恐れもあるため、
口腔外科では原因究明をきちんと行い以下のような治療を行います。

マウスピースを使用した
スプリント療法Sprint therapy

口の中の癖が強い場合には、顎の関節を正しい位置に整えるため、マウスピースの装着で改善を促します。

詰め物・被せ物の調整Adjustment

過去の歯科治療で行なった詰め物・被せ物が合わないと顎関節症になることもあります。
このような場合は、詰め物・被せ物を削って調整したり、新しいものを作成したりします。

外科手術surgery

精密検査を行い手術治療が必要と判断された場合には、切開あるいは内視鏡を使用して外科手術を行います。

その他口腔内の病気Other diseases in the oral cavity

その他、口腔外科では以下のような病気の診察・治療を行なっていますが、
大掛かりな治療が必要になる場合は、近隣の医療機関にご紹介することも可能です。