Loading...

歯周病治療Periodontics

歯周病とは

歯周病とは、歯と歯肉の間に溜まった歯垢に細菌が繁殖し、歯肉・骨などの歯周組織が炎症を引き起こす病気のことです。放っておくと歯肉や骨が歯を支えられなくなり、歯がぐらついたり、抜けたりしてしまいます。罹患率が高いことでも知られており、日本の成人のおよそ80%が歯周病にかかっているとも言われています。

歯周病の原因Cause

歯周病はブラッシングが不十分なために、歯と歯肉の間に残ってしまうプラーク(歯垢)が原因で起こります。プラークは粘着性が強く、うがいをした程度では取り除くことができないほか、中に多くの細菌が生息しており、これに感染することで歯周病に罹患してしまうのです。

また、歯周病の間接的な原因として、喫煙やストレス、不規則な食生活などの危険因子が挙げられます。歯周病を予防するためには、日々のブラッシングでプラークをしっかり取り除き、規則正しい健康的な生活を送ることが大切です。

全身疾患との関係性

歯周病は単にお口のトラブルを引き起こすだけでなく、全身に影響を及ぼすことが知られています。たとえば、歯周病の患者様は、以下のような病気に罹患しやすいことがわかっています。

歯周病の患者様が
かかりやすい病気Irregular disease

この他にも、妊娠中はホルモンバランスの変化などから歯周病になりやすく、歯周病に罹患していると歯周病の働きで早産や低体重出産を引き起こす可能性があることもわかっています。
このように歯周病は全身にさまざまな影響を及ぼすのです。

歯周病の治療方法

歯周病には大きく分けて2つの治療方法があります。以下ではそれぞれの治療方法についてご説明します。


歯周病の基本治療

歯周病と診断された方がまずはじめに受ける治療が、歯周病の基本治療です。基本治療はプラーク(歯垢)や歯石を除去し、すでにぐらついている歯を固定する治療のことをいいます。自宅での日常的なブラッシングのほか、歯科医院での治療が複数回にわたって行われ、歯周病の改善を目指します。

プラークコントロール

プラークや歯石を溜めないために行うケアのことをプラークコントロールといいます。プラークコントロールの基本は、患者様ご自身の日々のブラッシングです。歯周病の基本治療では、歯科衛生士が正しいブラッシングを指導し、それを患者様に継続していただくことで健康的なお口を取り戻していきます。

また、歯科医院で行われるスケーリング・ルートプレーニングも歯周病の基本治療の1つです。スケーリングとは、スケーラーと呼ばれる医療器具を用いて歯ブラシでは落としにくいプラークや歯石を取り除く処置です。ルートプレーニングはスケーリングの後に行われることが多い治療で、プラークなどによって傷んだ歯の表面を取り除き、滑らかにすることで、
プラーク・歯石の再付着を少なくするための処置です。

ぐらついた歯の処置

歯周病が進行していると、すでに歯がぐらついている可能性があります。ぐらついた歯を元通りにすることはできません。しかし、食事の際に当たらないようにぐらついている歯を少し削ったり、隣の歯に接着したりして、悪化しないような処置を行うことは可能です。

歯周病の外科治療

複数回歯周病の基本治療を行なっても改善が見られない場合、歯周病の外科治療を行うこともあります。歯周病の外科治療にはさまざまな手段があります。以下では当院で行う代表的な治療方法をご紹介します。

スケーラーで届かない
場所の
プラークを取り除く
フラップ手術

歯周病が悪化すると歯と歯肉の間の隙間が開き、歯周ポケットができてしまいます。歯周ポケットがあまりに深すぎると、スケーラーでは届かない奥地にプラークや歯石が溜まり、歯周病の基本治療だけでは十分に取りきれないこともあります。

このような時に行われるのがフラップ手術です。フラップ手術では、歯肉に部分麻酔をし、切り開いて、スケーラーでは届かない箇所のプラーク・歯石を取り除きます。手術後は歯肉を縫合し、およそ1週間後に抜糸して治療完了となります。

ブタのタンパク質からなる
薬剤を使用した再生療法

歯を支える歯肉、骨などが歯周病によって極端に失われている場合、歯周組織の再生を促す再生療法を行います。歯周病の再生療法にもいくつか種類がありますが、当院で採用しているのはブタから採取したエナメルマトリックスタンパク質を主成分とした薬品を使った再生療法です。

この再生療法ではフラップ手術と同じように、歯肉に局所麻酔をし、切り開いて、中のプラーク・歯石を取り除きます。その後、失われた歯周組織の周辺に薬剤を注入し、歯肉を縫合します。歯周組織の再生には個人差がありますが、だいたい数か月から1年ほどかかります。