Loading...

歯の豆知識 Tips

インプラントの費用相場はいくら?1本あたりの治療費用と料金が高額な理由

「インプラント治療の費用相場はいくら?」と、現在インプラントの治療費用の相場について気になっていませんか?

インプラントの治療費用は歯科医院によっても異なります。適正な価格で治療を受けるためには、相場と比較しながら歯科医院を選ぶことが大切です。

今回はインプラント治療の費用相場と費用の負担を抑える方法についてお伝えしていきます。

インプラントの費用相場はいくら?料金表で金額を確認

インプラントは自由診療なので、治療費は歯科医師が自由に決められます。つまり、治療費が高い歯科医院もあれば安い歯科医院もあるのです。

まずはインプラントの治療費の相場を見ていきましょう。

奥歯のインプラント1本あたりの費用相場

奥歯のインプラント1本あたりの費用相場は次の通りです。

項目 費用
診断料 1.5万円〜5万円
インプラント手術費 15万円〜35万円
人工歯(上部構造)手術費 5万円〜18万円
費用合計 30万円〜40万円

一般的な奥歯のインプラント治療の相場は1本30万円〜40万円です。

施設内の設備や歯科医師の技術、使用するインプラントのメーカーは歯科医院ごとに異なるため、細かな内訳も歯科医院によって違いがあります。

なお、ここでは奥歯のインプラントの相場を紹介していますが、前歯の費用相場も大きくは変わりません。

全部の歯をインプラントにする際の費用相場

全部の歯を失った場合は、インプラントを1本1本埋め込む必要はありません。

4本のインプラントで10〜12本の歯を支える「All-on-4(オールオンフォー)」と呼ばれる治療を行うのが一般的です。

上顎もしくは下顎どちらか一方のAll-on-4の費用相場は次の通り。

項目 費用
診断料 1.5万円〜5万円
インプラント手術費 120万円〜180万円
人工歯(上部構造)手術費 6万円〜180万円
費用合計 200万円〜250万円

上顎と下顎全ての歯をインプラントにする場合は、倍の400万円〜500万円が費用相場となります。

All-on-4はインプラントをわずか4本埋めるだけで全ての歯を支える治療法。いくつもインプラントを埋め込む必要がなく、手術時間も短縮できるので、総入れ歯が必要な方にはおすすめの治療法です。

インプラントの治療費用は医療保険が適用されない

インプラントの治療は基本的に医療保険が適用されないため、治療費用は全額自己負担になるのが一般的です。

歯科治療において保険が適用されるのは、歯としての機能を取り戻す治療のみ。歯の機能を取り戻すことに加え、見た目の美しさの向上も目的とした治療には原則保険が適用されません。

たとえば基本的な虫歯治療は保険が適用されます。しかし治療時の詰め物・被せ物をセラミック製にする場合は保険の適用外となります。

同様に歯科治療で失った歯を補うだけならブリッジや入れ歯で十分なため、インプラントは原則保険が適用されないのです。

例外的にインプラントを保険適用で治療できる場合はありますが、病気や事故によってあごの骨が大きく欠損しているなどが条件。虫歯や歯周病、年齢などが原因でインプラント治療を行う場合は保険が適用されないので注意しましょう。

インプラントとブリッジと入れ歯の費用を比較

歯を一部失った時の治療法として、インプラントの他にブリッジや入れ歯があります。

ブリッジは失われた歯の両隣の歯を削り、削った歯を土台にして固定する治療法。保険が適用されるため、安価で治療を受けられることが特徴です。

一方で入れ歯は、失われた歯の周りの歯にバネを引っ掛けて安定させる治療法で、ブリッジと同様に保険を適用させられます。

インプラントとブリッジと入れ歯の費用相場は次の通りです。

治療内容 費用相場
インプラント 30万円〜40万円
ブリッジ 2万円〜3.3万円
入れ歯 0.5万円〜1.3万円

このように、インプラントの費用相場はブリッジや入れ歯の費用相場と比べて10倍〜30倍以上もの違いがあることが分かります。

治療費用が安いとはいえブリッジは安定性が高くて見た目も自然ですし、入れ歯は周りの歯を削らすに歯としての機能を取り戻すことができます。あまりお金をかけずに治療を行いたい方は、インプラントではなくブリッジや入れ歯を選択するのも手段の一つです。

以下の記事で、インプラントとブリッジと入れ歯の違いについて詳しく解説しています。それぞれの違いについて気になる方はぜひチェックしてみてください。

入れ歯とブリッジとインプラントの違いは?それぞれのメリット・デメリットを比較|藤沢駅南口より徒歩3分の歯医者|湘南ライフ歯科

インプラントにデメリットはある?値段が高い2つの理由

インプラントのデメリットは治療費用が高いこと。

しかし、インプラント治療の値段が高いのには以下2つの理由があるのです。

  • 減菌や感染予防などの設備投資がかかっている
  • 信頼できるインプラントメーカーを使用している

逆にあまりにも安すぎるインプラント治療は、インプラント本体が粗悪品であったり、減菌処理などが甘かったりする可能性が高いです。

治療を受ける歯科医院を費用だけで判断しないようにしましょう。ここからは、それぞれの理由について詳しく解説していきます。

減菌や感染予防などの設備投資がかかっている

インプラント治療は体内にインプラントを埋め込む外科手術。

一般的な歯科治療とは異なって、より清潔な環境下で治療を行い、感染を予防する必要があります。たとえばメスや手袋などは使い捨てにしたり、手術室の設備を整えたりするため多くのお金がかかります。

インプラント治療が高額なのは、このように減菌や感染予防のための設備にお金がかかっていることが原因の一つです。

逆に格安のインプラント治療を行う歯科医院は、このような設備にお金をかけていない可能性があります。

信頼できるインプラントメーカーを使用している

インプラント治療が高額なのは、口の中に埋め込むインプラント本体が高価というのも理由の一つ。インプラント本体を製造する会社はいくつかあり、それぞれ品質や価格が異なります。

高価なインプラントを販売するメーカーは、より体に馴染みやすい素材を使っていて、アフターケアもしっかりしていることが多いです。

逆に安価なインプラントを製造しているメーカーだと、それだけインプラント本体の品質も下がります。数年後、何らかのトラブルでアフターケアを受けようと思っても、そのメーカーがなくなっている可能性もあります。

インプラントは自分の体に埋め込んで、10年以上付き合っていくもの。だからこそ、治療費用が高額でも安心・信頼できるメーカーのインプラントを使用している歯科医院を選ぶことが大切なのです。

デンタルローンとは?インプラントの費用を分割する方法

「インプラントの治療費用が高額で一度に払えない」という方は、デンタルローンの利用がおすすめです。

デンタルローンとは、歯科治療費を分割できる制度のことです。信販会社が患者さまの治療費を立て替え、患者さまは治療費に手数料を上乗せした金額を信販会社に分割で支払うもの。

デンタルローンを利用すれば、まとまったお金がない方でもインプラント治療を受けられ、毎月無理なく支払っていけます。

ただし、歯科医院によってはデンタルローンを取り扱っていないところもあるので、受診する歯科医院へ事前に問い合わせておく必要があります。

インプラントの費用は医療費控除の対象

「医療費控除」と呼ばれる国の制度を利用すれば、実質的にインプラントの治療費を下げることができます。

医療費控除とは、1月1日〜12月31日の間に10万円以上の医療費を支払った場合、所得税を一定額控除する制度のこと。

インプラントも医療費控除の対象です。インプラントの治療費も含め、1年間の医療費の総額が10万円を超えるなら、確定申告の時期に税務署へ医療費控除を申告して、実質的に治療費を抑えましょう。

なお、治療を受けたときのレシートや領収書を保管したり、家計簿をつけたりしておくと申告時に便利です。