Loading...

歯の豆知識 Tips

インプラントのメリット・デメリットとは?ブリッジや入れ歯と比較

「インプラントのメリット・デメリットには何がある?」と、インプラント治療について気になっていませんか?

インプラントは非常に優れた治療法ですが、基本的に保険が適用されないため治療費が高額なところで悩んでいる患者さまは多いかと思います。

こちらの記事では、インプラントのメリット・デメリットについてお伝えしていきます。ブリッジや入れ歯との比較も紹介しているので、ぜひこの記事を参考にしてください。

インプラントの5つのメリット!自然で安定した仕上がりになる

インプラントには大きく以下5つのメリットがあります。

  • 健康な歯を削らない
  • 見た目が自然
  • 噛み心地が良い
  • 取り外しの面倒がない
  • あごの骨が細くなるのを防げる

インプラントは見た目や噛み心地が自然で、天然歯と変わらないことが主なメリット。以下では、インプラントと他の治療法を比べながらそれぞれのメリットを紹介していきます。

また、以下のページで当院のインプラント治療についてご紹介していますので、インプラント治療の流れなど詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

インプラント|湘南ライフ歯科

メリット1.健康な歯を削らない

インプラントは周りの歯に負担をかけずに治療することができます。ブリッジのように健康な歯を削ったり、入れ歯のようにバネで負荷をかけたりすることがありません。

歯に負荷がかかれば、その歯の寿命は短くなるとされています。そのため、インプラントは他の治療法と比べて健康な歯を保ち続ける治療法なのです。

メリット2.見た目が自然

インプラントは見た目が自然なのもメリットの一つです。

ブリッジや入れ歯で使用される素材は「銀歯」や「レジン」などがほとんどで、目立ちやすいというデメリットがあります。一方でインプラントの人工歯部分には、主に「セラミック」や「ジルコニア」と呼ばれる、天然歯に近い色の素材が使われます。

見た目が自然で笑顔に自信を持てることがインプラントの大きなメリットです。

メリット3.噛み心地が良い

インプラントは自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができます。

その理由は、歯根の代わりとなるインプラントをあごの骨に直接埋め込んで、それを土台に人工歯を取り付ける治療だからです。安定性が高く、ブリッジや入れ歯のように口の中の違和感がないのが特徴です。

自然な噛み心地で食事などができるのはインプラントの大きなメリットと言えます。

メリット4.取り外しの面倒がない

インプラントは取り外しの必要がないのもメリットの一つ。入れ歯は基本的に取り外して手入れする必要がありますが、インプラントにはその面倒がありません。

インプラントは天然歯と同様、日々のブラッシングを行うことで清潔に保つことができます。

メリット5.あごの骨が細くなるのを防げる

人の骨は適度な負荷がかかっていなければ細くなってしまいます。あごの骨も同様で、歯を失えばその奥にあるあごの骨は細くなるのです。

あごの骨が痩せれば頬の筋肉が衰えて老けた印象になったり、あごの骨全体がゆがんだりする場合があります。

あごの骨が痩せると見た目に影響が出てくるので、そういった弊害を防ぐのもインプラント治療のメリットです。

インプラントの3つのデメリット!手術による感染症のリスク

続いて、インプラントのデメリットを見ていきましょう。

インプラント治療を行うデメリットには以下の3つが考えられます。

  • 治療費が高い
  • 治療期間がブリッジや入れ歯より長い
  • 治療には手術が必要になる

基本的に治療後の使用感におけるデメリットはほとんどありません。しかし、治療費が高くて治療期間が長いといった点はデメリットなので治療前にきちんと理解しておくことが大切。

ここからは、それぞれのデメリットについて解説していきます。

デメリット1.治療費が高い

インプラントの大きなデメリットは治療費が高いこと。

インプラント治療は基本的に保険が適用されない自由診療なので、治療費用を歯科医院が自由に決められます。一般的なインプラント治療の相場は30万円〜40万円です。

ブリッジや入れ歯は保険が適用されて約2〜3万円で治療ができるので、インプラントの治療費が高いことは大きなデメリットと言えます。

以下の記事では、インプラント1本あたりの費用相場と費用の負担を抑える方法について解説しています。インプラント治療を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

(関連記事)インプラントの費用相場はいくら?1本あたりの治療費用と料金が高額な理由|藤沢駅南口より徒歩3分の歯医者|湘南ライフ歯科

デメリット2.治療期間がブリッジや入れ歯より長い

インプラントの2つ目のデメリットは、治療期間がブリッジや入れ歯と比べて長いこと。

インプラントはあごの骨にインプラント体を埋め込んで、骨に定着するまで経過を見る必要があります。定着して治療が終わるまでには、およそ3〜6ヶ月もの期間が必要です。

一方で、ブリッジの治療期間は1〜2ヶ月程度、入れ歯の治療期間は1ヶ月程度とされています。

このようにインプラントは治療期間が長いので、人によっては治療を開始するタイミングがシビアになる点がデメリットです。

デメリット3.治療には手術が必要になる

通常の歯科治療は、歯を削ったり、詰め物や被せ物をしたりする程度なので手術の必要がありません。

しかしインプラントは他の治療とは異なり、あごの骨にインプラントを埋入するもの。麻酔を行うので基本的に痛みはありませんが、体への負担は大きく、外科処置に伴う合併症や感染症が懸念されます。

このようにインプラントの治療には手術が必要になるのもデメリットの一つです。

インプラントを行う際の注意点は?治療できないケースがある

人によってはインプラント治療を受けられない点に注意が必要です。

上記のように、インプラントは手術が必要になる歯科治療。そのため高血圧や糖尿病といった全身疾患を抱えている方は治療を行えない場合があります。

また、あごの骨が痩せていて、インプラントを埋入するのに十分な骨がない人は、「骨造成」と呼ばれる骨を再生させる治療が必要です。

インプラント治療は誰にでも行えるものではないので、まずは歯科医師に相談してみましょう。

インプラントとブリッジと入れ歯のメリット・デメリットまとめ

歯を失った部分の治療法として、主にインプラントとブリッジと入れ歯の3つがあります。

それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

メリット デメリット
インプラント ・安定性が高い
・ほかの歯に負担がかからない
・見た目や噛む力が天然歯に近い
・原則、保険が適用されない
・治療期間が長い
・治療に手術が必要
ブリッジ ・やや安定性がある
・治療期間が短い
・保険が適用されて安価
・隣の歯を削る必要がある
・保険適用だと人工歯が目立つ
入れ歯 ・治療期間が短い
・周りの歯を削る必要がない
・保険が適用されて安価
・安定しにくい
・他の歯に負担がかかる
・目立ちやすい

ここまでの内容をまとめると、失った歯を治療するなら、基本的にインプラントがおすすめです。安定性が高くて見た目も違和感がないので、ほとんど自分の天然歯と同じように生活ができます。

費用相場は30万円〜40万円と高額ですが、歯科医院によっては分割で対応してもらえるところもあるので、まとまったお金がない方でも治療を受けることは可能です。しかし分割で払えるとはいえ、インプラントの費用総額は高額です。

費用を抑えることを優先するならブリッジと入れ歯のどちらかとなります。中でも安定性を求めるならブリッジ、周りの歯への影響を考えるなら入れ歯が適切でしょう。

以下の記事では、インプラントとブリッジと入れ歯の違いについて詳しく解説しています。失った歯の治療を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

(関連記事)入れ歯とブリッジとインプラントの違いは?それぞれのメリット・デメリットを比較|藤沢駅南口より徒歩3分の歯医者|湘南ライフ歯科