Loading...

歯の豆知識 Tips

歯周病 〜歯周病とお口以外の部位のお体の病気との関わりについて〜

今回の歯の豆知識では、歯の喪失理由の一番となっている歯周病をテーマに扱っていきます。

歯周病とは歯と歯ぐきのすき間の歯周ポケットに入りこんだ歯周病原因菌が原因となって歯の周りの歯周組織に炎症を引き起こす病気のことをいいます。

歯周病は大きく分けて「歯肉炎」と「歯周炎」とに分けられます。

「歯肉炎」は、歯肉の部分のみに炎症が起きて、歯肉が腫れたり出血が起きたりするものの、ご自身で行うブラッシングなどのセルフケアや、歯医者さんや歯科衛生士さんが行う専門器具を使ったお掃除のプロフェッショナルケアといった適切な治療を行うことで健全な状態まで戻すことが可能な段階の状態をいいます。

それに対し、「歯周炎」は、炎症が歯肉だけではなく、歯を支える骨の歯槽骨まで広がり歯槽骨が溶けてしまう状態になることをいいます。

歯周病は「静かなる病気」という意味のSilent Desease(サイレントディジーズ)と呼ばれることがあり、痛みなどの自覚症状がなく進行してしまうことが多くあります。そのため、歯周病の影響により歯が抜けるほど歯を支える骨が溶けるような状態になるまで歯周病に気付かないということも少なからず起きることがあります。

このように歯周病とは、歯やお口に大きな影響を与える病気ですが、近年の研究から歯周病とお口以外の体の部位との関連があることが分かってきており、心疾患、腎臓病、骨粗しょう症、関節リウマチ、呼吸器疾患などが歯周病と関連しているといわれています。

歯周病の予防のためには、もちろん適切なブラッシングや口腔清掃を行い、歯周病の原因となる菌が含まれるプラークやプラークにより生じた歯石の除去が必要になりますが、今回は歯周病とお体との関連についてを中心にお伝えするので、お口以外の部分の歯周病のリスク要因について詳しくお伝えします。

歯周病のリスク要因の一つ目は、喫煙です。タバコには血管を収縮させる成分が入っています。その影響により歯ぐきへの血流が悪くなることにより、歯周ポケット内で歯周病の原因となる細菌が増えやすい環境になるため、歯周病が起きやすいといわれています。また、血流が悪くなることで、出血が起きにくく自分で歯周病に気づきにくくなってしまい、歯周病のアプローチが遅れる原因になりやすいということもいわれています。

歯周病のリスク要因の二つ目は、糖尿病です。糖尿病による影響で免疫機能が低下が起きると歯周病が悪化することがいわれています。反対に歯周病により糖尿病が悪化することもいわれています。歯周ポケットの中に出血や膿があるような状態だとそこから炎症に関連する化学物質が出て、血流にのり全身に運ばれます。その化学物質の影響により、血糖値を下げるインスリンが効きにくくなるためと考えられているそうです。

その他、食習慣、飲酒なども歯周病を悪化させる要因として考えられているそうです。

今回、お伝えしたようにお口の健康と全身の健康には関連があると考えられているため、両方から健康へのアプローチを行うことができると良いですね!