Loading...

歯の豆知識 Tips

歯の根元の部分がえぐれてしまう疾患「くさび状欠損」について

お口の中に起こる病気はさまざまありますが、今回はその中の一つの「くさび状欠損」という病気について説明いたします。ちなみに歯医者さんは英語の病名のWedge-Shaped-Defectの頭文字をとってWSD(ダブリューエスディー)と言うことが多いです。

くさび状欠損とは、歯の根元周辺(歯ぐきの上の辺りの部分)が局所的にえぐれてしまった状態になる病気のことをいいます。

このような欠損が起きる原因として大きく分けて2つの理由があります。

まず一つ目の原因は、歯ぎしりによる過重な圧力です。

起きている状態で正しい姿勢で過ごしており、食べ物を噛んだり力を入れたりしていない状態の時は、通常、上下の歯は当たっていないのですが、日中ストレスのために歯ぎしりをしてしまったり、夜間睡眠中に無意識に食いしばりをしてしまったりして過剰に歯に噛みしめるエネルギーがかかると、歯の根元の部分のみがだんだんと削れてしまい、それが蓄積し、目に見て分かるような欠損としてでてくるようになります。

2つ目の原因は、不適切なブラッシングです。

硬すぎる歯ブラシの使用や、粗すぎる研磨剤の入った歯磨き粉を使用したり、強すぎる圧力をかけたりした歯みがきなどを行うと、硬いエナメル質が薄かったり、歯肉退縮により柔らかい象牙質やセメント質が露出した歯の根元の部分からブラッシングにより削られていくようなことが起こります。

このような欠損が認められた場合、最も多くみられる治療法はレジンと呼ばれる樹脂でつめていく方法になります。

しかし、この歯ぐきの上の欠損の場合、歯の上の方をつめるのと異なり、歯と歯ぐきのすき間の歯周ポケットからしみだしてくる歯肉溝滲出液と呼ばれる体液や、だ液により歯の表面が濡れてしまいやすく、それにより樹脂の接着が悪くなり、樹脂が処置後に外れやすいことがあります。また、えぐられてしまった部分の表面は不均一でボコボコしていることが多いため、樹脂でつめる前に表面を滑らかにしたり厚さを均一にするため表面を一層削る必要があることが多く、歯を少し削ってからつめるため、処置後にしみやすいこともあります。

そのため、くさび状欠損は早期発見が非常に重要になります。

また、他にも早期発見が重要な理由として、このくさび状欠損は徐々に進行するため症状だけでは気づきにくく、冷たい水や歯ブラシを当てた時にしみるようになる頃にはかなり大きくえぐれてしまっていることもあります。症状が強い場合には歯の神経をとる必要がでてきてしまったり、欠損が大きくなってしまったりした場合には歯が折れる原因になることもあります。

くさび状欠損の早期発見のためには、定期的な歯科検診が欠かせません。

くさび状欠損が気になる方は、ぜひご相談ください。