Loading...

歯の豆知識 Tips

歯石除去のメリット・デメリットとは?歯石取りの治療後に歯が痛い時の対処法

現在歯石除去のメリット・デメリットについて気になっていませんか?

丁寧に歯を磨いても歯石が溜まることがほとんど。

歯石を放置すれば虫歯や歯周病といったお口のトラブルにつながるため、定期的に歯科医院を受診して歯石除去を行うことが大切です。

この記事では、歯石を放置するリスクから歯石除去のメリット・デメリット、費用や受診頻度についてお伝えしていきます。

 

歯周病について詳しく知りたい方は、下記の記事を先に確認してみてください。

(関連記事)歯周病治療|藤沢駅南口より徒歩3分の歯医者|湘南ライフ歯科

歯石とは?歯石が溜まる理由と放置するリスク

歯石は歯垢が固まってしまったもの。歯磨きで磨き残した歯垢が時間の経過とともに再石灰化して歯石になります

通常、日々の歯磨きだけで歯垢を落としきるのは困難なので、丁寧な歯磨きを心がけても歯石ができることがほとんどです。

歯石そのものに毒性はありませんが、歯石には細菌が付着・繁殖しやすいため、放置すれば口臭がひどくなったり歯周病が悪化したりします。

特に、歯周病は目に見える症状がほとんど出ないので注意しなければいけません。歯石を放置すればするほど歯周病が徐々に進行し、最終的に歯を支えられなくなって歯が脱落してしまう恐れがあります。

歯磨きだけで歯石を取り除くことは難しいので、歯科医院などで定期的に歯石を除去することが大切です。

歯石除去をする3つのメリット!歯石取りの効果はある?

歯科医院などで歯石除去を行うメリットは以下の3つ。

  • ①虫歯や歯周病の進行を防ぐ
  • ②口臭の改善につながる
  • ③歯茎からの出血を防げる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

虫歯や歯周病の進行を防ぐ

歯石除去の1つ目のメリットが、虫歯や歯周病の進行を防げること。

歯石には歯周病菌が大量に付着しているため、虫歯だけでなく歯周病になる恐れがあります。

虫歯や歯周病を防ぐためには歯石を除去する必要がありますが、歯ブラシだけで歯石を取り除くのは困難。そのため定期的に歯科医院を受診して歯石を取ってもらうことが大切です。

口臭の改善につながる

歯石除去を行う2つ目のメリットが口臭の改善につながること。

そもそも、歯石を放置すると以下の理由から口臭がひどくなります。

  • 歯石に付着した細菌がガスを発生する
  • 歯茎が出血して臭いが発生する
  • 歯茎の炎症で膿が溜まる

歯石が放置されれば、付着した菌が「硫化水素」や「メチルメルカプタン」といったガスを発生します。歯石が溜まると玉ねぎや卵の腐ったような口臭がするのはこのガスが原因です。

また、歯石によって歯茎が炎症を起こせば、出血したり膿が溜まったりして生臭い臭いが発生します。口臭を改善するためには、その原因となる歯石を除去する必要があります。

歯茎からの出血を防げる

歯石除去を行う3つ目のメリットが歯茎の出血を防げること。

歯石が歯と歯茎の間に溜まることによって、歯茎が炎症を起こして出血することがあります。さらにその出血が原因で、歯石ができやすくなったり歯石が黒くなったりします。

つまり歯石を放置すれば歯石が徐々に蓄積され、見た目も悪くなるのです。そういった悪循環から抜け出すためにも定期的な歯石除去を行う必要があります。

歯石除去するデメリットはある?歯石除去した後に注意

歯石除去するデメリットはありません。ただし歯石除去後は歯や歯茎が傷ついているので注意。

たとえば、歯石取りした後に冷たいものや熱いものなどを口にすると歯がしみることがあります。できる限り温度変化の大きい食事は避けるようにしましょう。

歯がシミる症状は時間が経つにつれて治まることがほとんどです。

また歯石を取ってから数日の間は、歯磨きを激しくすると出血する可能性があるので、歯磨きは柔らかめのブラシで優しく行うことが大切。仮に出血してしまっても、できる限り歯茎に刺激を与えないように過ごせば多くの場合、数時間で出血が収まります。

歯石除去を行った後の痛みが激しい場合や、出血が収まらない場合は必ず歯科医院へ相談しましょう。

歯石除去の種類は?歯のクリーニング方法

歯科医院で行われる歯のクリーニング方法は主に以下の3つ。

  • ①スケーリング
  • ②ルートプレーニング
  • ③フラップ手術(歯周外科手術)

スケーリングとは歯石を取り除く一般的な処置のこと。ハンドスケーラーや超音波スケーラーと呼ばれる歯科用の器具を用いて歯石を除去します。

ルートプレーニングは「ディープスケーリング」とも呼ばれ、歯周ポケットの奥深くにある歯石を除去する処置。歯石を取るほか、歯周病菌に汚染された歯のセメント質を除去して歯根の表面を滑沢にします。

一方で、フラップ手術は歯石を取り除く外科手術のことで、ルートプレーニングなどを行っても歯肉の状態が改善されない場合に行われます。フラップ手術は歯肉を切開し、歯周ポケットの奥にある歯石を直接取り除く治療法なので、歯石を徹底的に取り除くことが可能。

歯石は一度除去しても繰り返し付着するので、歯石除去は定期的に行いましょう。

歯石除去のよくあるQ&A

ここからは、歯石除去に関するよくある質問についてお答えしていきます。

Q.歯石除去はどの程度の頻度で行うべきですか?

人によって異なりますが、長くても3ヶ月に1回が目安です。

歯石は毎日丁寧に歯を磨いていれば付着しにくくなります。しかし、歯石の付着を完全に防ぐことは困難なので3ヶ月に一度は歯石除去を行いましょう。

Q.歯石除去は痛いですか?

歯茎が健康な状態であれば、歯石除去での痛みや出血はほとんどありません

歯石除去の痛みが怖い方は、表面麻酔や局所麻酔を打ってもらえるか歯科医師に相談しましょう。

Q.歯石除去の値段はいくらくらいですか?

歯石除去は保険が適用されるため、治療費用は初診で3,500円が相場とされています。

なお、歯石除去をするなら「PMTC」と呼ばれる、歯石除去を含めた歯のクリーニングを行うのもおすすめです。自由診療になるため費用は歯科医院によって異なりますが、歯の健康をより長く維持することができます。

当院では、時間内容によって6,000円〜で行っています。また保険外のクリーニングだと10,000円〜です。藤沢市で歯のクリーニングをお考えの方は、ぜひ当院へお越しください。