Loading...

歯の豆知識 Tips

虫歯の進行度に応じた治療の流れ

「虫歯があるけど痛みはないし歯医者に行くのが面倒」とお考えの患者さまは多くいらっしゃるかと思います。

実は初期段階の虫歯治療は歯をほとんど削らないので、治療の痛みはあまりありません。しかし、治療を避けて虫歯を放置しておくと虫歯の進行は進み、虫歯治療にも痛みが伴うようになります。

虫歯治療は早く行うのが理想です。

虫歯が進行する流れと、進行度別にその症状・治療方法をお伝えします。

現在虫歯にかかっている方は、ご自身の症状と重ね合わせながら読み進めていってください。

(関連記事)虫歯を放置すると病気になる?考えられる5つのリスク | 湘南ライフ歯科|藤沢駅南口(鵠沼東)徒歩3分の歯医者さん

虫歯の進行度別の症状と治療の流れ

虫歯の進行度はC0〜C4の5段階で表されます。C0が虫歯の初期段階で、進行具合が最も悪いのがC4です。

C0〜C4それぞれの症状と、進行状況に応じた治療法について見ていきましょう。

【進行度:C0】症状と治療方法

C0は「脱灰(だっかい)」と呼ばれる歯が溶ける現象が起き始めた段階。歯の表面のエナメル質が溶け始めている状態で、虫歯の穴はまだ空いていません。

痛みがないので自覚症状もないことがほとんど。この段階で早期に治療を受けるのが理想です。

C0の段階の治療では歯を削る必要がありません。主な治療法は正しいブラッシングや、歯を修復する力のある「フッ素」を塗布して虫歯の進行を防ぐなどが一般的です。

【進行度:C1】症状と治療方法

C1はエナメル質が溶けて穴が空き始めている段階。穴が空いていなくても、歯の表面に茶色いシミができていたらC1に該当します。

ほとんど痛みを感じることはありませんが、甘いものはしみることがあります。

C1の治療の流れは、虫歯部分を取り除いて「レジン」と呼ばれるプラスチック素材の詰め物で修復するのが一般的です。麻酔を使う必要がなく治療も1回で終わります。

※当院では二次う蝕の可能性を考慮し、レジンの使用は推奨しておりません。

【進行度:C2】症状と治療方法

C2は「象牙質(ぞうげしつ)」と呼ばれる部分まで虫歯が進行している段階。神経の近くまで穴が空いているので、噛むと痛みを感じたり冷たいものがしみたりします。

象牙質まで達した虫歯は進行が早くなるので、少しでも痛みを感じたら我慢せずにすぐに治療しましょう。

C2の治療は虫歯部分を取り除いて詰め物をして修復するといった流れとなります。症状によっては局所麻酔や、レジンより適応範囲の広い「インレー」と呼ばれる詰め物をすることも。

【進行度:C3】症状と治療方法

C3は虫歯が神経(歯髄)にまで達した段階。C3では虫歯がかなり進行している状態と言えます。

熱いものがしみたり、何もしていなくても激しい痛みを感じたりすることがあります。

C3の段階では「根管治療(こんかんちりょう)」と呼ばれる神経を取り除く治療が必要。根管治療については後ほど詳しく説明しますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

【進行度:C4】症状と治療方法

C4は虫歯の最終段階。「歯冠(しかん)」と呼ばれる歯茎の外に出ている部分が虫歯によってほとんど失われている状態です。

何もしないでも激しい痛みを感じ、麻酔が効きにくくなったりします。

C4の虫歯を放置していると神経が死んでしまって逆に痛みを感じなくなることがあります。しかし痛みを感じないのは一時的なので注意しましょう。痛くないからといってさらに放置すると、最終的には歯根に膿が溜まって強烈な痛みが生じる可能性があります。

C4の段階では治療で歯を修復するのが難しいので、抜歯するケースがほとんど。抜歯後は入れ歯やインプラントなどの処置を行って歯の機能を取り戻す流れとなります。

 

当院の虫歯治療の詳細を以下のページで詳しく紹介しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

(関連記事)虫歯治療|藤沢駅南口より徒歩3分の歯医者|湘南ライフ歯科

虫歯の進行速度が加速する原因

普段の食生活やオーラルケアによって虫歯の進行速度が変わるため、人それぞれ虫歯が進行するスピードには違いがあります。

つまり「一ヶ月放置したらC0からC1になる」など、虫歯が進行する速度に一定の期間や日数はありません。

虫歯の進行速度が加速する原因には主に以下のものが考えられます。

  • 過度に間食を行う
  • 糖分を過剰に摂取する
  • 長時間ダラダラと飲食を続ける
  • オーラルケアがおろそか

歯磨きの回数が少なかったり、歯磨きの仕方が間違っていたりすると、虫歯菌が繁殖しやすい口内環境となります。また、ダラダラと長時間飲食を続けると、口内環境が酸性に傾いて虫歯菌の活動が活発に。

上記、虫歯の進行速度が加速する原因に心当たりがある方は日々の習慣を見直しましょう。

虫歯の進行速度を遅らせる方法

虫歯の進行速度を遅らせる方法には以下のものがあります。

  • 正しい方法でブラッシングする
  • 代用甘味料を摂取する
  • 飲食時間や間食を管理する
  • 歯科医院で虫歯予防をする

正しい方法でブラッシングしたり飲食時間を管理したりすることで、口内が清潔に保たれて虫歯の進行を遅らせることが可能。また、糖分をキシリトールなどの代用甘味料に置き換えることで、虫歯の進行を加速させる原因を取り除けます。

さらに虫歯になっていなくても定期的に歯科医院に通い、虫歯予防の処置を受けるのが理想です。

根管治療とは

虫歯がC3まで進行すると、根管治療が必要となります。

根管治療とは歯の神経を取り除いて神経が入っていた根管を洗浄・除菌し、薬剤を詰めて被せ物をするというもの。

治療に時間がかかることが特徴で、長ければ5〜6回の通院が必要になることも。保険が適用される治療法ではありますが、治療には時間とお金がかかるので、根管治療が必要になる前に虫歯を治すことが大切です。

根管治療の特徴や流れについて以下の記事で詳しく紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

(関連記事)虫歯の根管治療の流れ|藤沢駅南口より徒歩3分の歯医者|湘南ライフ歯科