Loading...

歯の豆知識 Tips

頑張りすぎもよくない?

これまでむし歯や歯周病の予防のため、
歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシの重要性について述べてきました。

日々のケアでこのような道具を使ってもらうことは重要なのですが、
頑張りすぎもあまりよくありません。
それについて今日はそのような事例とともにお話していきます。

歯ブラシなどの圧力が強すぎて歯ぐきを傷つけてしまうと、
歯肉退縮といって歯ぐきが下がってしまう現象が起きることがあります。
歯ぐきが下がると見た目が悪くなってしまうだけでなく、
冷たいものが染みやすくなるといった知覚過敏という現象が起きてしまうこともあります。

また同じような原因で歯を傷つけてしまうと、
くさび状欠損という歯の根元の部分がすり減ってしまう現象が起きてしまうこともあります。

これらの現象は無自覚に進行してしまうということが多いです。

定期的に歯医者さんを受診すれば適切なケア方法も指導してもらえますし、
無自覚に起きてしまった歯肉退縮やくさび状欠損も早期発見してもらうことができます。

歯の痛みなど症状がでた時だけでなく、定期的に歯医者さんを受診して
このような歯肉退縮やくさび状欠損が生じないよう予防していきましょう。