Loading...

歯の豆知識 Tips

歯ブラシだけでは不十分?

むし歯や歯周病の原因となるプラークを落とすことはとても重要です。

 

プラークは歯の表面どこにでも付着しますが、特に清掃道具が届きにくい部分にたまってしまいます。

清掃道具が届きにくい部分は歯の噛む面にある溝や、歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間などです。

 

特に清掃道具が届きにくい歯と歯の間に関しては、正しい歯ブラシによる歯みがき指導を受けた後の3分間の歯みがきでも、

58%しかプラークを落とすことができなかったというデータがあるそうです。

 

そのため、歯ブラシが届かない歯と歯の間を掃除するために、デンタルフロスや歯間ブラシなどの清掃道具を追加して使うことが求められます。

正しい歯みがきに加えデンタルフロスや歯間ブラシを用いた清掃を追加することで95%までプラークを落とすことができるそうです。

 

次回のブログでは、デンタルフロスと歯間ブラシどちらを使うのが望ましいのかについてお伝えいたします。