Loading...

スタッフブログ Blog

ファイバーコア

こんにちは!歯科衛生士の吉村です

今回は根っこの処置をして割れないようにグラスファイバー製の土台で処置された方の症例をご紹介致します。

この方は銀歯の下が大きな虫歯になってしまい神経を除去する処置を行いました。

処置前↓

根っこの神経処置をして最終的なお薬を入れたのち土台を立てていく際に保険外の土台と保険の土台の違いについてご説明させて頂きました。
保険の金属の土台はコストを安く治療を短期間で終える事が出来ますが、金属なので土台に柔軟性がない為竹を割るように歯を割ってしまうリスクがあります。
割れた歯は残す事が出来ない為抜歯対象になってしまいます。
保険外の土台は、コストは高く治療費もかかりますが、グラスファイバー製の柔軟性のある土台の為歯と一緒のしなってくれる為歯を割るリスクをさげてくれます。

説明をさせて頂き折角自分の歯が残せるならち精密な治療をご希望されました。
この方は、土台を立てて虫歯にならない様に被せ物もハイクラスなもので治療されます

同じ土台でも性質、柔軟性などはかなり違います。詳しい説明はスタッフにご確認ください。

【処置時間・内容】
ファイバーコア(直接法):1回 60分
【治療費用】
ファイバーコア(直接法):¥25,300
※別途で被せ物代がかかります。
【担当医】
Dr北野
【詳しい処置の流れ】