Loading...

歯の豆知識 Tips

インプラントと差し歯の違いとは?入れ歯やブリッジも含めて徹底比較

「インプラントと差し歯の違いは?」

よく混同されるインプラントと差し歯。それぞれの違いについて気になっている方は多いのではないでしょうか?

どちらも失ってしまった歯を補う治療です。ただし、歯の根っこがあるかどうかで治療法が異なります。

インプラントは歯根がない場合に行われる治療法で、一方、歯根があるなら差し歯治療を行うことが一般的です。

この記事では、インプラントと差し歯の違いやそれぞれのメリット・デメリット、費用相場についてお伝えしていきます。

インプラントとは?歯の根っこの代わりを定着させる治療

インプラントは根っこまで歯を失ってしまった場合に行われる治療法。

具体的な治療の流れはまず歯が失われた部分の顎の骨に、歯の根っこの代わりとなる人工歯根(インプラント体)を埋め込みます。埋め込んだインプラント体が骨や歯肉に定着したら、先端部に被せ物を取り付けます。

一般的に怪我や歯周病などで歯を失った時に行われ、自然な見た目が特徴的です。

ここからは、インプラントのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

インプラントのメリット

インプラントのメリットには以下のものがあります。

  • 天然歯のような自然な見た目と噛み心地
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 食事や会話に支障がない

インプラントの大きなメリットは、見た目や噛み心地が自然なこと。口内に違和感を覚えることなく、自分の歯とほとんど変わらない感覚で生活を送れます。

また他の歯を削ったり、土台にしたりしないので周囲の歯に負担がかかる心配もありません。

インプラントのデメリット

インプラントのデメリットには以下のものがあります。

  • 手術が必要
  • 保険適用外のため高額
  • メンテナンスが必要

インプラントは歯肉を切開して人工歯根を埋め込むため外科手術が必要です。さらに保険適用外で治療費用が高額なため、患者さまの身体面・費用面での負担が大きいことがデメリット。

また清潔な状態を保たなければインプラント周囲炎を引き起こす可能性もあるため、メンテナンスを行う必要があります。

インプラント周囲炎の原因や術後の注意点について以下の記事で解説していますので、ぜひ併せてチェックしてみてください。

(関連記事)インプラント手術後に痛みが!痛みや腫れを抑える方法とは?|藤沢駅南口より徒歩3分の歯医者|湘南ライフ歯科

差し歯とは?歯の根っこがないと治療できない

差し歯は自身の歯根に被せ物をする治療。歯を失ってしまっても歯根が残っていれば差し歯の治療が可能です。

治療の流れは、歯根の先端部に土台となる金属やファイバー繊維を設置し、その上に歯型に合わせて製作した人工歯を被せるというもの。

歯の根っこが必要な治療法なので、歯の根っこが残っていなければインプラントや入れ歯などの治療を行うことになります。

差し歯のメリット

差し歯のメリットは主に以下のものがあります。

  • 保険適用の素材なら安価で治療できる
  • 保険適用外の素材なら見た目が自然で強度も高い
  • 外科手術が必要ない

差し歯のメリットはその素材によって異なります。

たとえば銀歯や硬質レジンといった素材なら保険が適用され、安価で治療を受けることが可能。一方で、セラミックやジルコニアといった保険適用外の素材は費用が高くなるものの、見た目が自然で強度も高いことがメリット。

また外科手術が必要ないので、インプラント手術と比べると患者さまの身体的負担も少ないです。

差し歯のデメリット

差し歯のデメリットには以下のものがあります。

  • 保険適用内だと目立ちやすい
  • 保険適用外は高額の費用がかかる
  • 歯の根っこが薄ければ割れる可能性がある

保険適用内の差し歯治療なら安価で受けられる一方で、銀歯や硬質レジンは比較的目立ちやすいことがデメリット。保険適用外の場合、費用的な負担が大きいといったデメリットがあります。

また、差し歯の土台となる歯根が薄い・細い場合、噛み合わせによって負荷がかかると割れる可能性があります。歯根が割れた場合は抜歯をして、インプラントや入れ歯治療などを行うのが一般的です。

インプラントと差し歯の違い!治療するならどっちがいい?

インプラントと差し歯について混同されている方は多いかと思います。

インプラントと差し歯はどちらも歯を失った時に用いられる治療ですが、歯の根っこが残っているかどうかで治療法が分かれます。インプラントは歯根が残っていない場合に行われ、差し歯は歯根が残っている場合に行われる治療法です。

ご自身にとってどちらの治療が適しているのかは、それぞれのメリット・デメリットから判断できます。

たとえば歯根が残っている方で、治療費を抑えたいなら差し歯が適していると思われます。一方で歯根は残っているものの、見た目や噛み心地を自然にしたいなら抜歯してインプラント治療を行うのも選択肢の一つ。

また、歯根が残っていない場合は差し歯が行えないので、インプラントもしくは入れ歯やブリッジといった治療を行う必要があります。

どちらの治療を行うか迷われている方は、まずはご自身の歯の状態を含め、歯科医師に相談されてみてください。

差し歯の値段は?保険診療か自由診療かで変わる

差し歯の値段は保険診療か自由診療かで大きく変わります。

インプラントおよび差し歯の保険診療・自由診療の費用相場は次の通りです。

治療項目 費用相場
インプラント 30万円〜40万円/1歯
差し歯(保険診療) 3千円〜1万円/1歯
差し歯(自由診療) 8万円〜20万円/1歯

インプラントや差し歯は自由診療のため、その費用は歯科医院によって大きく異なります。

また差し歯に使用する素材によっても費用は変わります。どの素材で治療を行うのか、治療の値段も含めて歯科医師に相談して治療を進めていきましょう。

インプラントと入れ歯とブリッジの違いは?

歯を失った時の治療法として、インプラントの他にも入れ歯やブリッジがあり、それぞれの違いについても気になっている方は多いかと思います。

インプラントと入れ歯とブリッジの主な違いは次の通りです。

インプラント 入れ歯 ブリッジ
他の歯への影響 なし あり あり
口内の違和感
(個人差あり)

違和感なし 異物感あり ほぼ違和感なし
見た目の美しさ 優れている 劣る やや優れている
費用 保険適用外で高価 保険適用で安価 保険適用で安価

入れ歯やブリッジは保険が適用されるため安価で治療が可能です。しかし、目立ちやすくて他の歯へ負担をかける点がデメリット。

一方で、インプラントは費用が高価であるものの、見た目が自然で他の歯への影響もないといった大きなメリットがあります。

インプラントと入れ歯、そしてブリッジの違いやそれぞれのメリット・デメリットを以下の記事で詳しく解説しています。気になる方はぜひ併せてチェックしてみてください。

(関連記事)入れ歯とブリッジとインプラントの違いは?それぞれのメリット・デメリットを比較|藤沢駅南口より徒歩3分の歯医者|湘南ライフ歯科