Loading...

歯の豆知識 Tips

虫歯初期の症状は痛みがない?初期虫歯を修復する3つの治療法

「虫歯初期の見た目や症状はどんなもの?」

「初期の虫歯は治療する必要がある?」

このように、初期段階の虫歯について気になっていませんか?

初期の虫歯はほとんど痛みがないため見逃しやすいです。しかし、歯の表面が白くくすんだり、小さな穴が空くことがあります。

初期の虫歯は修復することができますが、放置して虫歯が進行すれば歯を削るなどの治療が必要です。

こちらの記事では、初期虫歯の見た目や症状、主な処置の方法についてお伝えしています。

初期虫歯に痛みはある?見た目と主な症状

初期の虫歯とは、歯に穴が空く前の虫歯です。

痛みなどの自覚症状がほとんどないことが特徴で、歯科検診では「CO〜C1」に該当します。

<初期の虫歯の写真>

見た目は健康的な歯とあまり違いはありませんが、COの段階では歯の表面が白くくすんでいたり、X線写真で見ると暗く写ったりします。C1の段階では目視できる程度の小さな穴が空くことも。

初期の虫歯は日々のブラッシングをしっかりと行ったり、食生活の見直したりすることで治すことが可能です。ただし、一度穴が空いてしまうと、ブラッシングなどでは治せません。

虫歯になりかけ?初期の虫歯かもしれないチェックリスト

初期の虫歯に該当する要素をまとめました。以下のチェックに一つでも当てはまる方は虫歯になりかけかもしれません。

  • 歯の表面が白く濁っている
  • 歯の表面に黒い点がある
  • 奥歯の溝に黒い線がある
  • 歯に小さな穴が空いている
  • 歯の表面がザラつく
  • 冷たい物や熱いものがしみることがある

初期段階では虫歯の進行を止め、器具で削ることなく治すことができます。初期の虫歯かもしれない方はお早めに歯科医院を受診しましょう。

また、自身で虫歯の状態を判断するのは困難です。そのため、歯科医院で検査を受けて初期の虫歯かどうかを判断し、適した処置を行うことが大切です。

※当院では虫歯予防としてホワイトバーニッシュ(フッ素塗布)を行なっております(保険適用外)。知覚過敏抑制剤として使われますが、虫歯予防としても有効性があると考えられます。確実な虫歯予防をご希望の方はお気軽に当院のドクターまでご相談ください。

初期虫歯は治療で治る?再石灰化を促して修復する3つの方法

初期虫歯の場合、基本的に治療ではなく、再石灰化を促す処置が必要です。

再石灰化とは、酸で溶け出した歯を修復する現象のこと。だ液にはカルシウムなどが含まれており、溶けた歯の内部に入り込んで歯を元に戻す働きがあります。

再石灰化を促す方法には主に以下の3つです。

  • フッ素塗布
  • セルフケア・歯磨き
  • シーラント

ブラッシングやデンタルフロスを行うことで脱灰を防いだり、フッ素で再石灰化の作用をサポートすることができます。

1.フッ素塗布

フッ素は歯の再石灰化をサポートするはたらきがあります。

さらに、フッ素塗布すれば酸で溶け出しにくい結晶を歯の表面に作られるため、歯の表面が強化され、脱灰を進みにくくすることが可能です。

初期の虫歯をそのままにしておくと、歯の表面に穴が空いて虫歯の進行が進んでしまいます。

歯科医院でフッ素塗布を受けたり、フッ素入りの歯磨き粉を使用したりして、虫歯の進行を止めましょう。

2.セルフケア・歯磨き

歯磨きなどのセルフケアをしっかり行うことも、初期虫歯の進行を止める方法の一つです。

初期の虫歯は、「脱灰」によって歯の表面のエナメル質が溶け出し、徐々に進行していきます。脱灰の原因は歯垢なので、歯磨きで歯垢を取り除くことが大切です。

ただし、歯磨きの仕方が悪かったり、正しいセルフケアが行えていなかったりすると、歯垢をきちんと取り除くことはできません。

当院では、予防歯科で患者さま一人ひとりにブラッシング指導を行っております。初期の虫歯が疑われる方は、ぜひ一度当院へご相談ください。

3.シーラント

シーラントとは、プラスチック樹脂の素材「レジン」を歯の溝に沿って詰める処置です。

シーラントで歯の溝を埋めることで、歯垢が溜まりにくくなります。歯の溝は歯ブラシが届きにくい部分なので、初期の虫歯の進行を抑えるほか、虫歯予防にもつながります。

さらに、シーラントにはフッ素が含まれているため、より初期虫歯の進行を抑えることが可能です。

ただし、シーラントは基本的に乳歯もしくは生えたての永久歯に行います。そのため、大人の初期虫歯の処置としてシーラントを行うことはほとんどありません。

妊婦も虫歯治療を受けられる?妊娠初期・後期は避けた方がいい

妊娠時期によって虫歯への対応は異なります。

妊婦の方が問題なく虫歯治療を受けられるのは、妊娠5ヶ月〜7ヶ月の妊娠中期です。

妊娠初期(1ヶ月〜4ヶ月)や妊娠後期(8ヶ月〜10ヶ月)は、母体への負担を避けるためにも、基本的に虫歯治療を避けるのが一般的です。

ただし、虫歯が初期の場合は歯を削る治療が必要がないため、自宅でのセルフケアをしっかり行うのが主な処置となります。

つわりなどで歯をしっかり磨けない場合は、フッ素塗布を行うこともあります。妊娠中の方で虫歯がある場合は、まず歯科医院へ相談しましょう。

妊婦の方の虫歯治療については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

(関連記事)妊婦は虫歯治療を受けられる?麻酔や薬など妊娠中の歯科治療で注意すべきこと|藤沢駅南口より徒歩3分の歯医者|湘南ライフ歯科

子供の虫歯も治療すべき?幼児の虫歯も初期段階で処置が必要

「乳歯は生え変わるから虫歯治療する必要がないのでは?」とお考えの方は多いかと思います。

しかし、子供の場合も、初期の虫歯はしっかり処置を行う必要があります。

なぜなら、乳歯は永久歯に比べて虫歯の進行が早いためです。さらに、乳歯の虫歯でも放置すれば永久歯の生え方に影響する可能性があります。

子供の初期虫歯も、大人と同様、しっかりと歯磨きを行ったり、フッ素塗布を行ったりして再石灰化を促すのが一般的です。また、甘いものなど食事習慣も見直す必要があります。

当院では、お子さまから大人の方まで初期虫歯の処置を行っております。虫歯は早期発見・早期治療を行うことで、痛みや費用を抑えることが可能です。

初期の虫歯が疑われる方は、まずは一度当院へご相談ください。

(関連記事)虫歯治療 | 湘南ライフ歯科|藤沢駅南口(鵠沼東)徒歩3分の歯医者さん