Loading...

スタッフブログ Blog

欠けた事がきっかけで 

こんにちは!歯科衛生士の吉村です

今回は、気づかぬうちに大きな虫歯になってしまった方の症例をご紹介いたします。
この方は、初診時は奥歯が欠けてしまった事で来院されました。

痛みがなかった為、いきなり削ったりせずお口の中を見て今の状態をレントゲンや3Dスキャンナーで情報を収集して
担当医の先生がその情報を元に何個かのプランをご提案させて頂きました。
3Dスキャンナーで撮影すると虫歯の深さや今の状態を立体的に確認できます。
画像↓

この方は、レントゲン等の情報を元に虫歯大きくそれが原因で欠けてしまった事がわかりました。
神経近くまで虫歯が深いと神経をなくしてしまうリスクが高い為、なぜ神経を残す必要があるのか神経を残す処置には何があるのかお話させて頂いて
神経の一部を除去して神経を残す処置をご希望されました。
この日は、治療方法を決定させて頂きまた改めて治療を行いました。
MTAという。神経を残す処置をした際には、レントゲンを撮影しお薬が中までちゃんと詰められてるか確認して痛みなどがなければ神経を残すことができます。
MTA後のレントゲン↓
術前↓                            術後↓

この方は、手前を治療したおかげで後ろの虫歯にも気付くことが出来、早期に治療を行う事もできました
なので、治療内容を聞いてから治療に入ることをお勧めします。詳しいお話やプランはスタッフへご確認ください。

【治療回数・治療時間】
MTA:1回 60分
【治療費用】
MTA:1歯 ¥33,000
【担当医】
Dr東
【詳しい処置の流れ】