Loading...

スタッフブログ Blog

フルジルコニアクラウン 

こんにちは!歯科衛生士の吉村です

今回は神経を一部分だけ残すMTA処置後の保険外での被せものを選ばれた方の症例をご紹介致します。
この方は、虫歯が大きかった為にMTAの処置をご希望されました。

MTAで神経を残しても上に被せるものを金属の物にしてしまうと適合があまりよくないのと金属の周りには汚れが溜まりやすいので二回目の虫歯になる可能性が高くなります。
より深くまで虫歯が到達してしまうので神経を完全になくしてしまうリスクが上がります。

この患者さんは、折角神経を残せたなら長く自分の歯を使いたいとの事だったのでフルジルコニアクラウンでの治療をご希望されました。
形成という歯の形を整える治療をしっかり行わないとゆがみが出てしまう原因になります。その時仮歯を入れて3Dスキャナーで型どりをします。
3Dスキャナーを使用することでより精密に型どりができます。

3Dスキャナー↓

保険外治療はコストがかかりますが、保険治療と治療方法、治療に器具などを完全に分けています。

術前↓                       術後↓

【治療後の患者さんのメッセージ】

安心して治療を受けて頂けて本当に良かったです!

【治療回数・時間】
歯の形をと整える治療:2回 1回の治療時間60分
        set:1回  60分
【治療費用】
フルジルコニアクラウン:¥110,000
※この方はMTAの治療も行っています。MTA代+¥55,000

【担当医】
Dr小林
【詳しい治療の流れ】