Loading...

小児歯科Pedodontics

永久歯との関係性

「いずれ大人の歯に生え変わってしまうから」と、お子様の虫歯を放置してはいませんか?乳歯の虫歯は放置すると、後に生えてくる永久歯に影響を及ぼすおそれがあります。そのため、お子様の歯に気になることがあれば、一度歯科医院を受診することをお勧めします。


お子様にも大切な
予防歯科治療

お子様も大人と同じように、虫歯になってから歯科医院を受診するのではなく、数か月に一度定期検診を受診し、虫歯の早期発見、あるいは虫歯になりにくい歯を作る予防治療を受けると良いでしょう。当院では、以下のような処置で虫歯になりにくい歯を作るサポートをしています。

フッ素塗布

フッ素とは、自然界にある元素の1つで、歯に塗布すると虫歯菌の働きを弱め、歯の質を強くするなど虫歯の発生を防ぐことができます。定期検診の際、フッ素を定期的に塗布することで、徐々に虫歯になりにくい歯を作っていくことができます。

シーラント

シーラントは奥歯の虫歯を予防する処置です。奥歯の咬み合わさる部分は、複雑で深い溝があり、ブラッシングをしても毛先が届きにくいため、虫歯が生じやすいと言われています。
そこでシーラントは奥歯の溝をフッ素入りのプラスチックで埋めてしまい、溝に汚れをためないことで虫歯を予防します。

お子様も通いやすい
歯科医院を目指して

ガラス張りの
キッズスペースを完備

当院では、お子様に歯科医院に通うことを少しでも楽しいと感じていただけるよう、絵本、ぬいぐるみなどのおもちゃを揃えたキッズスペースをご用意しております。
院内の様々な場所から見えるよう、ガラス張りの設計にしました。待ち時間はもちろん、保護者様の診療中もお子様の様子を見守ることが可能です。


保育士在籍

保護者様がお忙しい時も、保育士免許を持つ受付スタッフが責任を持ってお子様を見守ります。保護者様の診療中などはぜひお気軽にお任せください。