症例・治療事案・トピックス|  藤沢駅南口(鵠沼東)で歯科・歯医者をお探しの方は 湘南ライフ歯科まで

前歯の破折(ベニア修復)

2017年10月11日

今回はよくあるケースでもある「上顎前歯の破折」に関する修復の一例紹介させて頂きます。

受傷時

受傷時

右上の中切歯を転倒により破折してしまった例です。破折線の入り方によっては抜歯適応になってしまう方もいるのですが、こちらの患者さまは幸い抜歯には至らない破折線でした。しかし、破折線は見た目以上に深く、歯肉の下にまで及んでおりました。

一般的には保険診療範囲であるコンポジットレジン修復が選択される場合が多いのですが、破折範囲の大きさと歯牙捻転を考慮しラミネートベニア修復とさせて頂く方針となりました。

修復後

修復後

 

比較的歯牙の切削を少なくすることが可能なラミネートベニア修復で対応させて頂きました。患者さまの希望で正中離開と歯牙捻転もごまかせるような修復形態にして欲しいという希望があったため最終形態にするにはするには何度か仮歯で状態を確認し、ご納得頂いてからの完成としました。

ラミネートベニア修復は審美修復ではよく使われる方法です。ホワイトニングでは対応出来ない歯牙変色や矯正治療後でも咬耗で異形となってしまった場合にも適応されます。ご不明な点がありましたらご気軽にご連絡下さい!!

 
 
PAGETOP