症例・治療事案・トピックス|  藤沢駅南口(鵠沼東)で歯科・歯医者をお探しの方は 湘南ライフ歯科まで

インプラト(ガイデッドサージェリー)

2017年10月12日

本日はガイデッドサージェリーによる左下顎臼歯部のインプラト埋入手術があったので、症例報告させて頂きます。

こちらの患者さまは他院で左下臼歯部を2本抜歯されましたが、欠損部修復が行われていない状態で当院を受診されました。

義歯を使用した経験は無いとのことだったので、まずは部分義歯を

使用して頂きましたが、違和感が強く舌運動もしにくいことからインプラント治療への移行を希望されました。

 

まずは2本分の欠損した歯牙をどのように修復するかをワックスでシミュレーションしてみました。

このワックス模型を光学スキャンしてデジタルデータに変換しました。そして変換した模型デジタルデータと当院撮影のCTデータをパソコン上で重ね合わせました。下図のPC画面上の黄色い部分がパソコン上でデザインしたガイドマウスピース模型であり、下の写真がそれを具現化したものです

 

 

 

このガイドマウスピースを手術時に装着することでインプラントをコンピュータ上で設計した理想とする位置に埋入することが可能となります。

 

 

 

あとは手術時にプロトコルに沿ってドリルを入れていくだけです。

 

予定どうりの位置にインプラントを埋入できました。今後は生着を待って上部構造の作製に移行する予定です。

 

 

ガイデッドサージェリーは精細な診断を元に手術に臨むことが出来ます。

  • 最終的にどのような歯冠修復物を入れるのか?
  • その際にはインプラントはどのような方向で埋入されている必要があるのか?
  • インプラントを入れるための顎骨の状態はどうなのか?

といったシミュレーションを術前に念入りに行うからです。そのメリットは非常に多く、私自身がもしインプラント治療をしてもらうなら当然ガイデッドサージェリーを希望すると思います。

ご不明な点や気になることがあるようでしたらお気軽にお問い合わせ下さい!

 
 
PAGETOP